熊本県腎移植者の会
 おしらせ
戻る ホーム
 ホーム > おしらせ > 会報59号「つなぐ」
 

会報59号「つなぐ」

最終更新日 [2018年10月18日]  

今年度後半の主な活動予定

 やっとさわやかな秋の明け暮れになりましたが皆さん如何お過ごしでしょうか。
今年の夏は、大阪北部の地震、西日本を中心とした豪雨、2度の台風、北海道胆振東部地震など日本各地が大変な災害にみまわれました。被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早く復興し、皆様の心の平安が少しでも取り戻せることを願わずにはいられません。

さて、今年度後半のおもな活動予定は次の通りです。今年もたくさんの行事・活動を計画しております。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

会では今回初めての試みとして、熊本赤十字病院の豊田先生に会報への寄稿をお願いしました。会員の皆さんへもっと直接的でかつ有意義な内容や情報を提供したいとのおもいからです。
豊田先生にはご多忙にもかかわらず快く執筆していただき大変感謝しております。またこれからもこのような試みを続けていきたいと思っています。ご期待ください。


今年度後半のおもな活動予定

★ 10月21日(日) 市民健康フェスティバル(熊本市主催)
場所: 熊本市総合体育館
   時間: 午前10時〜午後4時
  地震以来3年ぶりの開催となりました。今年は1日だけですが、楽しみに待っていた人も多いので
はないでしょうか。会からも日赤のブースのお手伝いに行きます。皆さんもぜひご参加ください。

★ 10月28日(日)  研修会       
   内容:「睡眠について」 
場所:熊本赤十字病院内研修室(救急救命センター4階)
時間:午前10時30分〜12時

★ 11月4日(日)  黄色い羽根街頭募金  
   場所:下通アーケードと新市街が交差する角にあるマクドナルド前
   時間:午後1時〜2時半

★ 11月25日(日)  秋の一日バス旅行
   現在紅葉狩りなどを検討しています。乞うご期待!!!

★ 12月  国会請願署名運動
★ 平成31年3月  花見の会



★11月13日(火) 市民公開講座  18:00〜20:30 国際交流会館
  移植医療への県民の理解を広め、意思表示の大切さを知ってもらうことを目的に、移植医療の第一線で活躍されているそうそうたる先生方及びレシピエント、ドナーの家族がシンポジウムを行います。会の早川元会長も出席されます。
★11月18日(日) 日赤主催「市民公開講座(CKDと腎臓移植) 13:00〜16:20 県立劇場
  テーマ 〜じんぞうからのメッセージ〜 (CKD)慢性腎臓病と腎臓移植のこと家族みんなで考えてみませんか?
  移植者の会からも体験者として会員さんが出席されます。また会として相談コーナーのお手伝いをします。詳しくは熊本赤十字病院のホームページをご覧ください。
また、両講座に、6月の総会時に山永先生がお話されていたレシピエントコーディネーターのジョイス・トロンペタさんの講演が予定されています。



  


 






この情報に関するお問い合わせは
熊本県腎移植者の会
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム